エクトダーム の トリートメントについて、少しだけご説明してみたいと思います…。


 Aromatherapy アロマセラピー │ Lymph Drainage リンパドレナージュ │ Reflexology リフレクソロジー

 Treatment Menu トリートメント・メニュー


 このページでは、アロマセラピー、 リフレクソロジー、 リンパドレナージュについて、セラピストの立場から…、 独特の視点で…?  わかりやすーく、 ご説明したいと思います。
 すでに、いろんな書籍の中で説明されてるので十分? すぎるようにも、感じますが…。

 一般の方が対象ですが、ひょっとしてプロの方もいらっしゃるかもしれませんね。
 プロの方は、よくご存知だと思いますが、この世界は、非常に奥が深いです!

 トリートメントは感覚的な要素が多いので、このページですべてを説明する事は無理かと思いますが、自分なりに頑張ってみます。

 さて…。

 最近は、アロマセラピーも、リフレクソロジーも、その言葉はよく耳にするのではないかな? と、思います。
 マスコミ等でも、特集が組まれたりして、これも時代かな〜と、思ったりします。
 間違った情報として、伝えられているわけではないのですが、アロマセラピストの立場からすると、ちょっと物足りなかったりもします。

 ただ、今現在、アロマセラピーに限っては、いろいろなスタイルがあります。
 リラクゼーション目的のもの、それからビューティーなイメージのもの、代替療法としてのもの、などなどです。
 それから最近は、メディカルなアロマも非常に、関心が高いです。

 ぼく自身の意見は、そのどれもが、クライアントさんにとって、すばらしいものだと思います。
 そこのところが、アロマセラピーの素敵なところでもあるわけで…。
 アロマセラピーによって、成長させられてる理由なのかもしれません。

 これからの説明は、あくまでも、ぼく個人の言葉です。
 そして、その考えは毎日、気まぐれに、変わっていきます。 その都度、アップして行きたいと思ってます。




  Aromatherapy アロマセラピー




 たくさんの書籍で、アロマセラピーについて書かれているので、一般的なご説明は省略させて頂きます…。
 香りの心理への・・・、 精油の身体への・・・、 とか、 トリートメントの身体への効果など…。

 そういう理論的なことの先にある、 “アロマセラピー” を知って頂きたいからです。

 
     『安斎康寛のあろま論』

 個人的な考えか方かもしれないんですが、様々なスタイルの、アロマセラピーがあっていいと思います。

 クライアントさんにとっては、どのスタイルのアロマセラピーも、大切なものだからです。
 毎日アロマセラピーの生活をしてて思うのは・・・、アロマセラピーは、ほんとに、“芸術” だな〜という事です。

 毎日が、感動…。 そうです! 

 特に何か不調をとりのぞいて差し上げよー! とか、セラピストとしての気負いはまったくないのですが…、
 クライアントさん自身の自然な変化に、日々、感動しております。
      
       成分分析表


 じゃあ、“アロマセラピーの作品” はどこにあるの?
 エッセンシャル・オイルのブレンド? がそうなの?

 いったい作品は・・・どれなんだろう? と、考えました。

 そしたら、 “ 形の無いカタチ ” として、クライアントさんの中に存在してるんじゃないかな? と、思いました・・・。
 それは、こころと身体のバランスとか、 自然治癒力とか、 感動…とか、 自然な美しさ! とか、 発想の転換! ・・・、そういったものだと思います。

 そういう “カタチ” で、 クライアントさんは、自然に調子がよくなっていくんでは… と、思います。
 クライアントさん自身が、アロマセラピストの手の届かないところで、自身の中に作品を作って行くんです…。

 一歩、離れたところから、その過程のお手伝い・・・をするのが、アロマセラピストです。

 もちろん、アロマセラピストは、解剖生理学的知識とか、病理学的知識、それに、精油の化学などなど、最低限の知識は、兼ね備えていなければいけません。

 その上で、そういう知識を、カウンセリングをもとに、その日のクライアントさんの症状にあったかたちで総合した表現が、 『アロマ ・ トリートメント』 です。
 カウンセリング、 精油のブレンド、 トリートメントのテクニック、 リズム、 プログラム、 終了後のアドバイス… などなどです。
 そのトリートメントは、セラピストとクライアントさんの、1度きりのセッションです
 その日の、ブレンドや、テクニック、それから、聞こえてくるリズム・・・、お天気も! どの要素も、すべて1度きりです。
 でも、1度きりでも、すばらしい “作品” が、うまれる事があります。

 アロマのガイドブックには、いろいろな症状に適した、様々なブレンドが書いてあったりします。

 が、そこから先に、それ以上のアロマセラピーがあるのを、多くのアロマセラピストが、経験上知っています。
 ですから…、エクトダームでは自由な発想で、クライアントさんだけのトリートメントをプログラムしていきたいと思ってます。

 そして、なによりも1番の願いは・・・。
 たくさんのクライアントさんに…、すてきな “作品” を作っていただきたいという事です。


 どうぞよろしくお願いいたします。

          『Précieuses Plantes Médicinales』


 ↑ ページトップへ







 
  Lymph Drainage リンパドレナージュ


 アロマセラピー・トリートメントで、ほぐした身体から、老廃物を一定の方向に流し、回収! そして、排泄する・・・。
 それが、大切なリンパ系の役割です。

 さらに、免疫系にも深く関係しているのも、リンパ系です。

 その、健康にも美容にも重要なリンパ系に、直接、やさしくアプローチするのが、リンパドレナージュです。

 
                         主なリンパ管とリンパ節

    『セルライト解消で下半身は必ずやせる!〜なかなかやせないウエスト、ヒップ、太ももがスッキリ!〜』
                        (GAKKEN HIT MOOK)
                  監修 : 自由が丘 エクトダーム 安斎 康寛 より

 リンパ管は、血管のように、肉眼で見る事はできません。 それから、非常に、デリケートなものです。
 さするようなテクニックは、独特のものです。 触れるか、触れないかのぎりぎりのタッチで行なわれます。

 ヨーロッパでは、正式に医療機関において導入され、手術後の、リンパ浮腫の改善に、取り入れられたりしています。

 それから、、身体を造形的にとらえて、セラピストとクライアントさんが、同じ理想のカタチを追求したとします・・・。
 このような場合、このテクニックは、非常に有効であると感じております。

 例えば・・・
 体重は変化してないのに、ふくらはぎだけがむくんでしまっている場合・・・
 この場合は、下肢の循環不全で老廃物がうまく排泄されず、水分を含んでしまっている状態です。
 ですから、通常のアロマ・トリートメントに、リンパ系に直接アプローチする、このテクニックを取り入れる事をおすすめ致します。
 エッセンシャル・オイルのブレンドは、老廃物を排泄するものを使用します。
 美容的効果です・・・。

 ぜひ、1度、体験してみてください。

    ※エクトダームのオリジナルのリンパドレナージュとアロマトリートメントを合わせた
      『エクトダーム・ボディ』 のコースは、各女性誌、美容誌をはじめプロのセラピスト向けの専門誌にも度々紹介されております。

        

              
       ・女性誌、美容誌 → click!
       ・セラピスト向け専門誌 → click!
       ・
エクトダームのダイエット効果 → click !

 ↑ ページトップへ







  Reflexology リフレクソロジー


 アロマセラピストの立場から、リフレクソロジーをみると、非常に、直接的に作用するな〜と、感じております。

       

 反射区というものは、当然、どの国の反射療法でも、似ています。
 僕自身は、西洋式と、東洋式の双方の長所を取り入れて、クライアントさんの好みに合わせて、トリートメントを行なっております。

 例えば・・・

 かかと 〜 くるぶし の、あたりがカサついていらっしゃる方へは、アロマ・トリートメントのオイルを使用して、カサついた部分を丁寧にトリートメントいたします。
 この部位は、骨盤部の反射区なので、あわせて腰へのトリートメントを重点的に行ない循環をよくする事で、多くの悩みが改善されております。

 いずれにしても、リフレクソロジーは、直接的に作用するので、ご自身で、「どこどこの体調が思わしくない」と、お感じの際にはお申し出ください・・・。
 アロマ・トリートメントに取り入れるのを、おすすめ致します。

 ↑ ページトップへ




top │ ectoderm │ map │ faq │ facial │ menu │ staff │ reservation │ books & videos │ magazines

mail